qv5z7u | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

手をふる人たち

返信

怒っている状態というのが自分にとってあまり良くないので、怒りを沈静化させることばかり多い。

かと言って溜め込むのでなく、きちんと状況と感情を整頓してしまう。

整頓から怒りというのはなかなか生まれない。

ということなのではないか。

投稿者 qv5z7u | 返信 (0)

http://qv5z7u.sa.yona.la/17

返信

さよならわたしのちいさな土星

投稿者 qv5z7u | 返信 (0)

グロテスク

返信

人は時にグロテスクなものから目が逸らせない。気持ちが悪くて不快で仕方ないのに、何故か惹き付けられ薄暗い高揚が体の裏側を走る。

私にとって自分以外の人間はみんなグロテスク。

だから目が離せなくて、捩れながらもあいしてる。

投稿者 qv5z7u | 返信 (0)

http://qv5z7u.sa.yona.la/15

返信

彼女がさよならよりも得意なこと

投稿者 qv5z7u | 返信 (0)

制服の効果

返信

つなぎを着てヘルメットをかぶった人が横断歩道の幅をメジャーで計っていた。

しかし彼は別にどこかの会社の人間だから測定していたのではなく、個人的な趣味であらゆるものの大きさを計りたいので擬しているのかもしれない。


と思ってどきどき。

投稿者 qv5z7u | 返信 (0)

親子連れ

返信

親子連れを見ると、その子どものまだ訪れない未来の時間を想像させられて気味が悪い

投稿者 qv5z7u | 返信 (0)

線引き

返信

幼い頃、世界にはもっと明白な線引きがあって、世の中というものはかっちりと区切られているものかと思っていました。

何事にも余所余所しい子どもであったのでしょうか。

ところが見聞を広げてゆけば広げていくほど、世の中はかっしりとした枠など持っていないのでした。

それははて悲しいことなのかわかりません。

投稿者 qv5z7u | 返信 (0)

http://qv5z7u.sa.yona.la/11

返信

気持ちが病むこともあれば健やかなこともあります。

その機微まで他人に読み取れというのは大変な話です。


ですが荒涼とした心持ちのとき、私は如何にすべきなのでしょう。


自分がたったひとりであり、誰もがひとりきりのようにも思いますがそれは真実ではありません。


生きているのは自分だけではないことを知るべきです。

投稿者 qv5z7u | 返信 (0)

http://qv5z7u.sa.yona.la/10

返信

なんとなくふわふわしている。現実感の欠落というとかっこうよすぎるが

投稿者 qv5z7u | 返信 (0)

快不快

返信

彼女に言わせると私には「快」と「不快」しかないそうだ。

誰しもそうじゃないのかと尋ねたら他人にはもう少し、単純感情としての喜怒哀楽くらいはあるらしい。

ううん、確かにないかも。

投稿者 qv5z7u | 返信 (0)

さわやかな土曜日

返信

体が動く状態にある。なにより

投稿者 qv5z7u | 返信 (0)

重力

返信

いつの間にか重さのコントロールができなくなっている。

感覚操作。

眠るときによくわかる。

おかしいな。


君と眠るのに慣れすぎました。

投稿者 qv5z7u | 返信 (0)

大丈夫ではないでしょうか

返信

いつの間にか随分立つ位置は変わっていたようです

投稿者 qv5z7u | 返信 (0)

やるせねえ

返信

服売ったら1505円。やるせねえ

投稿者 qv5z7u | 返信 (0)

メール

返信

メールのやりとりが面倒になって、返信とかをあまりしない人種になって暫く経った。

けれど時にメールのケアとかは非常に有効。

投稿者 qv5z7u | 返信 (0)

これから

返信

散歩をしてバスタブに湯を張って、眠るのだ。

満ちている。しあわせだな。

投稿者 qv5z7u | 返信 (0)

手綱を握る

返信

私の整合性は不要になる。

晴れている。


果たして悲しいのは彼女だけなのか。

好き勝手なことを言って彼女の気持ちを責めただろうか。


それも恐らく気に病むところではない。

本当は何にへも執着はない。

投稿者 qv5z7u | 返信 (0)

始めてみた

返信

無個性って肩の力が抜けるね。

呟きを残していこうと思う。

投稿者 qv5z7u | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.